令和4年度 入社式を挙行いたしました。

令和4年4月1日(金)、帯広市の北海道ホテルにおきまして令和4年度 入社式を挙行いたしました。
例年、全役職員で新入社員を歓迎していましたが、令和2年度より、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の為、規模を縮小し、予防対策を徹底した上で執り行い、新入社員25名(過去最大)を役職員21名で出迎えました。
式では、社長より新入社員一人ひとりに辞令を手渡し、新入社員による自己紹介では、緊張しながらも25名一人ひとりが力強く抱負を述べました。
社長訓示では、「5月21日に創業100周年を迎えるにあたって、皆さんで新しい風を吹かせてほしい。仕事が楽しくなれば人生は楽しくなる。しっかり勉強してほしい。」と新入社員へエールを送りました。
新入社員は、翌週より感染症対策を講じた上で、約1ヶ月、三越伊勢丹ヒューマンソリューションズ・小宮コンサルタンツによる新入社員研修及び社内研修を経て、各部門に配属となります。
新たな年度方針・目標が発表され、新入社員含む全役職員が一丸となり、心新たに目標必達に向け日々精進してまいります。

専務執行役員人事総務担当 加藤 兆基

新聞記事はこちら