弊社主催の防災訓練は、平成5年の釧路沖地震後から災害時における迅速かつ適切な緊急対応を目的に継続的に行ってまいりましたが、平成15年の十勝沖地震を機に、地域の皆様の防災意識高揚と被害軽減を目的に「地域住民参加型」防災訓練として、内容を拡充し実施しております。
また、平成20年から帰宅困難者や避難所生活を余儀なくされた方々に温かい食事を提供する目的で、炊き出し訓練も防災訓練の中で取り組むようになりました。

2019地域防災訓練