北海地区 岩見沢幹線用水路西川工区工事

工事場所 岩見沢市
発注者 北海道開発局 札幌開発建設部
工期 令和6年3月14日~令和7年2月14日
受注者 宮坂建設工業株式会社
現場代理人 東村 優作
工事概要 用水路 L≒ 460m
1)土工掘削工 V≒7,000m3
2)開水路工プレキャスト開渠工 (B=4.00m、H=1.45m、L=2.40m) L≒ 450m
現場打開渠工 (B=4.00~4.20m H=1.45m) L≒ 10m
3)道路横断工PC床版 (横断長=5,900mm、B=6,000mm) N= 1ヶ所
4)放水工遠心力鉄筋コンクリート管 (φ1,200) L≒ 190m
5)構造物撤去工既設用水路撤去工 (コンクリート取り壊し) V≒ 820m3
6)道路復旧工アスファルト補修 (B=3.50m) L≒ 100m
工事説明 当工事は北海地区の農業用用水施設老朽化及び凍上等によるコンクリートの劣化が進行している為、岩見沢幹線用水路を整備する工事のうち、既設用水路を撤去、新設用水路及び放水工鉄筋コンクリート管、道路横断工PC床版を施工する工事となります。
東村 優作

現場代理人コメント

現場周辺は、農作物を栽培する田畑や民家が隣接しておりますので騒音・振動・粉塵対策に配慮すると共に、発注者並びに地域の皆様にとのコミュニケーションを大切にし、安全第一となる現場管理を行い、無事故無災害で工事を完成させます。

工事概要図

着工前(起点側より)

着工前(終点側より)