サンドイッチ床版工法

鉄筋コンクリート床版と比較し、パネル化されているため型枠・鉄筋の必要がないので施工日数が短縮出来ます。(メーカー算出通常の1/3程度短縮)

6mmの鋼板が上下に配置された合成床版なので、同じ厚さの鉄筋コンクリート床版と比較して著しく剛性が高くなります。

床版の重量が軽いため今回のように、拡幅を伴う場合にも適用できます。

構造図

工事全体の流れ

サンドイッチ床版製作の流れ

サンドイッチ床版施工の流れ

施工実績

幸徳大樹停車場線交B191 改築工事(尾田橋)