石狩川改修工事の内 島松川河岸保護工事

工事場所 恵庭市
発注者 北海道開発局 札幌開発建設部
工期 令和3年8月31日~令和4年3月18日
現場代理人 駒澤 拓也
工事概要 工事延長 L=580m(不施工区間含む)
 河川土工:掘削工 8,400m3、盛土工 460m3、
      法面整形工 3,120m2
 矢板護岸工:笠コンクリート工 580m、矢板工 644枚
 法覆護岸工:連節ブロック張 4,870m2、護岸付属物工
       植生工
 根固め工:根固めブロック工 11袋
 仮設工:仮設構台設置・撤去 3,444m2、工事用道路工
工事説明 千歳川流域は、広大な低平地が広がり洪水氾濫を繰り返してきたため、大雨等により高い水位が長時間続いても耐えることができる堤防を整備しています。
当工事は、島松川右岸の河道断面を広げる掘削と、築堤が増水時に洗掘されないよう護岸により補強する工事です。
駒澤 拓也

現場代理人コメント

当工事は大型クレーンでの作業が多いので、軟弱地盤によるクレーンの転倒災害や地盤変状に十分注意して施工します。
また、工事は厳寒期が最盛期となるので、冬期型災害に対する安全管理に努め、無事故・無災害での完工を目指します。