北海道横断自動車道 釧路市 桜田西改良工事

工事場所 釧路市
発注者 北海道開発局 釧路開発建設部
工期 令和3年4月5日~令和4年3月25日
受注者 宮坂建設工業株式会社
現場代理人 中原 孝行
工事概要 工事延長 L=860m
掘削工V=174,500m3 土砂等運搬V=185,460m3 法面整形工A=13,710m2
安定処理工V=10,810m3 植生工A=12,750m2 U-300B 358m U-300A 952m
集水桝 16基 地下排水44m 防止柵 543m  法面点検階段 63m
工事説明 北海道横断自動車道本別~釧路は、高速ネットワーク拡充による根釧圏と道央圏・十勝圏、オホーツク圏の連絡機能の強化を図り、地域間交流の活性化及び国際拠点港湾苫小牧港、拠点空港新千歳空港等への物流の効率化等の支援を目的とした延長65.0Kmの高速自動車国道です。
中原 孝行

現場代理人コメント

この地域では多くの動植物が繁殖し生活をしている。絶滅危惧Ⅱ類に分類されるオジロワシなど国内では希少動植物に指定されている。又、特別天然記念物であるタンチョウの生息地として知られ作業所周辺においてもよく見られます。その他にも多くの希少動植物が生息する自然豊かな地域となっています。工事に先立ち事前調査を行うと同時に生息地の確認や活動範囲の確認と準備を進めます。施工場所は複数の工事が可動し工事用道路を供用する状況となるため作業調整を確実に行い工事を進めたいと考えます。湿原ため地耐力に乏しく地盤が余り良くないので事前対策をしっかり行う。

着工前(5月)

完成イメージ(5月)

掘削積込・土砂等運搬状況(5月)

掘削積込・土砂等運搬状況(6月)

掘削積込・土砂等運搬状況(7月)

掘削積込・土砂等運搬状況(8月)