北海道横断自動車道 釧路市 桜田改良工事

工事場所 釧路市
発注者 北海道開発局 釧路開発建設部
工期 令和2年7月9日~令和2年12月21日
受注者 宮坂建設工業株式会社
現場代理人 菅野 豪紀
工事概要 【地盤改良工】
 ・サンドマット工・・・3,030m3
 ・固結工・・・・・・・・ 中層混合処理(攪拌翼併用スラリー噴射方式)
             改良率 50% 改良杭径Φ1,600
             打設長 3.20 ~ 9.80 N=214本
             中層混合処理(攪拌翼併用スラリー噴射方式)
             改良率 35% 改良杭径Φ1,600
             打設長 3.20 ~ 10.6 N=928本
工事説明 【事業の目的】
北海道横断自動車道本別~釧路は、高速ネットワーク拡充による根釧圏と道央圏・十勝圏、オホーツク圏の連絡機能の強化を図り、地域間交流の活性化及び国際拠点港湾苫小牧港、拠点空港新千歳空港等への物流の効率化等の支援を目的とした延長65.0Kmの高速自動車国道です。
【事業区間】
北海道中川郡本別町共栄~北海道釧路市鶴野となる。
菅野 豪紀

現場代理人コメント

 この地域では多くの動植物が繁殖し生活をしている。絶滅危惧Ⅱ類に分類されるオジロワシなど国内では希少動植物に指定されている。
また、特別天然記念物であるタンチョウの生息地として知られ作業所周辺においてもよく見られます。その他にも多くの希少動植物が生息する自然豊かな地域となっています。
工事に先立ち事前調査を行うと同時に生息地の確認や活動範囲の確認と準備を進めます。
施工場所は複数の工事が可動し工事用道路を供用する状況となるため作業調整を確実に行い工事を進めたいと考えます。湿原ため地耐力に乏しく地盤が余り良くないので事前対策をしっかり行う。

工事概要図

着手前(8月)

安全祈願祭実施(9月)

破砕チップ着手前(10月)

伐根物破砕状況(10月)

破砕完了全景(10月)

カンタンサーモカメラ設置(10月)

全国労働衛生週間パトロール実施(10月)

女性職員による衛生点検実施(10月)