弊社グループ会社の登寿ホールディングスダスキン事業部が北海道十勝スカイアースのPR活動をしました。

 登寿ホールディングスダスキン事業部・ダスキン北一やまざきは昨年、社会人サッカー・北海道十勝スカイアースのスポンサーになり、今年から選手の雇用も始めました。
今春からパートとして営業活動に奮闘している帯広市出身の青木瑠唯選手は主に大型スーパーを中心とした、契約企業のマットやモップ交換を担当しつつ、ダスキン事業部が手掛けたスカイアースのレンタルロゴマットの売り込みに汗を流しております。
ダスキン事業部は地域貢献活動の一環として、スカイアースの認知度を上げるために3種類あるスカイアースのマスコットやエンブレムが描かれたマットを商品化し、売り上げの一部をチームに寄贈しており、選手の雇用、チームのPRを積極的に行うことで、地元サッカー選手の一助になればと考えております。

株式会社登寿ホールディングス
取締役副社長 髙道 伸

新聞記事はこちらから