令和2年度 入社式を挙行致しました。

令和2年4月1日(水)、帯広市の北海道ホテルにおきまして令和2年度 入社式を挙行いたしました。
例年、役職員250名程度で新入社員を歓迎していましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症予防として規模を縮小し、予防対策を徹底した上で執り行い、新入社員18名を役職員9名で出迎えました。
式は、辞令交付、社章交付及び職員の各種表彰を実施せず、15分の短い式となりました。
社長より新入社員には「家族であるという安心感をもって頑張ってもらいたい。たくさん失敗して大きな成功を導き出し、会社に貢献してほしい」とエールを送りました。
新入社員は、当初、翌日より約1ヶ月、三越伊勢丹ヒューマンソリューションズ・小宮コンサルタンツによる新入社員研修及び社内研修を行う予定でしたが、3日間の社内研修のみとし規模を縮小、また、4月6日~10日は自宅待機とし、その後各部門に配属となります。

専務執行役員人事総務担当 加藤 兆基

新聞記事はこちらから