弊社は定年年齢を60歳から65歳に延長しました。

弊社は、令和2年4月1日より、社員の定年年齢をこれまでの60歳から65歳に延長いたしました。これに伴い、定年退職後の継続雇用の年限につきましても70歳まで可能としました。  この定年延長は、社会的な要請でもあるシニア層の人材活用について、積極的な処遇で報いるため、「65歳定年までは基本給を減額しない」、「シニア層に対しても適切な人事評価を行う」等の内容としました。

このことにより、シニア層のみならず、全社員が安心してより一層活躍できる環境が広がり、社員一人ひとりがイキイキと働き続けられる環境を今後も整備していきます。

専務執行役員人事総務担当 加藤 兆基