宮坂建設工業株式会社

ホーム | リンク | ダウンロード | お問い合わせ

ニュース

30年度のニュース

宮坂社長が帯広市消防団長に就任いたしました。


 平成30年4月5日(水)、帯広市役所におきまして帯広市消防団の辞令交付式が執り行われ、弊社宮坂寿文社長が団長に任命されました。
 弊社は、初代宮坂寿美雄社長(初代帯広消防団長)をはじめ、三代目宮坂文一社長が団長を務めるなど、昭和20年に帯広消防団が発足して以来約74年にわたり活動に協力しております。
 帯広市消防団は、各12地域の12分団と女性分団の計13分団で構成されており、現在、約350人の団員が所属しております。消防団は、それぞれ本業を持つ地域住民が団員となり、市民の生命・身体・財産を守るために日々活躍しております。
 宮坂社長は、平成26年4月から同消防団本部の副団長を務め、この度団長に就任するにあたり、「消防団が地域に貢献する力は大きい。台風や地震などの災害への防災力を高めたい」と意気込んでおります。
 弊社におきましても、宮坂寿美雄初代社長の遺訓であります「世の為人の為につくせ」の精神のもと、地域に根差した企業として、地域防災に取り組んでおりますが、宮坂寿文社長の団長就任を機に、今まで以上に地域防災に力を入れ、地域の安全に寄与していきたいと思っております。

専務執行役員人事総務担当 加藤 兆基

新聞記事はこちらから

平成30年度 入社式を挙行いたしました。



 平成30年4月2日(月)、帯広市の北海道ホテルにおきまして平成30年度 入社式を挙行いたしました。
 過去最大となる新入社員19名を役職員190名で出迎え、社会人として新しい一歩を踏み出した新入社員をあたたかく歓迎しました。
 式では、黙祷、創始者の遺訓の唱和を全社員で行った後、社長より新入社員一人ひとりに辞令を手渡し、続けて先輩社員より社章を交付。新入社員自己紹介では、緊張しながらも19名一人ひとりが力強く抱負を述べました。
 そのあと、社長より今年度の社長方針並びに目標の発表があり、新入社員には「地域の会社として地域のニーズを的確に読める社員になってほしい」とエールを送りました。
 新入社員は、翌日より約1ヶ月、三越伊勢丹ヒューマンソリューションズによる新入社員研修及び社内研修を経て、各部門に配属となります。
 新たな年度方針・目標が発表され、新入社員含む全役職員が一丸となり、心新たに目標必達に向け日々精進してまいります。

専務執行役員人事総務担当 加藤 兆基

新聞記事はこちらから




ニュース

お問い合わせ
080-0014
北海道帯広市西4条南8丁目12番地
TEL 0155-23-9151
FAX 0155-24-1577
Email info@miyasaka-cc.co.jp